憧れのレディースのバックと言えばヴィトンにシャネル

どんな物か

donnamono

バックとは、物を入れて持ち運ぶ時に使う、袋状の物を指します。鞄(カバン)、またはバッグと言われることも多いです。
袋といっても、取っ手のついていない物や、取っ手のついている物がありますが、鞄やバックには、取っ手がついている製品が多いです。なぜかと言うと、鞄やバックは荷物の運搬をするための物なので、取っ手がついている方が、より持ち運びがしやすいからです。
例外として、女性がパーティーの時に持ち歩くクラッチバッグや、男性が手回り品を入れて持ち歩くセカンドバッグという取っ手のついていない商品も存在しています。これらは、使用する場面が限定されている鞄なので、その他の鞄やバッグとは少し違う作りとなっています。

また、重い荷物を入れて持ち運ぶ可能性を考えると、鞄やバッグには耐久性が求められます。そのため、袋状の物の中でも、より耐久性に優れている革や布で作られている製品のことを鞄、もしくはバックと呼ぶことが多いです。

鎌倉時代や江戸時代には、袋や箱といったものは、必需品を入れて持ち運ぶための手段でしかありませんでした。しかし、現代において、バックは単なる袋というよりも、服飾雑貨の一部としてとらえられています。

歴史

rekishi

バックの始まりについては諸説あります。
鎌倉時代や江戸時代にも、医師が持ち歩いていた薬箱、女性が持ち歩いていた巾着袋、手提げがわりにもなる風呂敷などが使用されていましたが、どれを始まりと見なすのかは意見が分かれるところです。ただ、バックの存在が日本で知られるようになったのは、外国文化が入ってきた明治時代の初期の頃だと考えられています。

「鞄」という単語の語源にも諸説あります。中国語で「箱」を示す「キャバン」、もしくはオランダ語の古い言葉で、「旅行鞄」を示す「カバス」が転じたという説があります。
現代において、鞄とバックをどう呼び分けるかという明確な決まりはありません。

立ち位置

鎌倉時代や江戸時代では、仕事道具を入れている箱や、火打ち石を入れていた巾着袋といった入れ物の数々は、物を入れて持ち運ぶための手段でしかありませんでした。

ところが、現代においてのバックは、物を運ぶための手段ではなく、ファッションアイテムの一部としてとらえられています。多くのファッション雑誌でも、鞄やバッグについての特集が頻繁に組まれています。また、インターネットの通販サイトを見ても、鞄やバッグはファッション小物として扱われています。このことから、荷物の運搬だけでなく、ファッションの一部として認識されているのがわかります。

バックが日本に伝わってきた当初、バックというのはとても高級品でした。つまり、バックを持ち歩いているという行動自体が、ある一定の社会的地位を示していたと言えます。現代でもルイヴィトンやシャネルのように、高級な鞄を持ち歩くことが、一種のステイタスであるという認識がなされています。

女性向け

jyoseimuke

鞄とバッグをどう呼び分けるかについての明確は決まりはありません。ただ、男性向けに作られた鞄と、女性向けに作られた鞄は区別されています。レディースとは、女性向けの商品のことを指します。
女性向けの商品全般のことを、レディースと言います。例えば、レディースのバックと呼ばれる場合、女性が使うことを想定して作られた製品のことを示しています。これに対して、男性向けの商品全般のことをメンズと言います。

鞄売り場を見ていると、メンズ向けの売り場には、黒や茶色の鞄を中心として並べられています。メンズ製品と比べると、レディース向けの商品は、カラーバリエーションが豊富で、花・リボン・ラインストーンなどの装飾が施されている鞄も存在しています。